翠将鬼ジェルザークの攻略ページはこちら!

装備・アクセサリー

ぜひ作っておきたいガナン帝国の勲章の合成パターン

帝国三将軍

コインボスの帝国三将軍の実装に伴い、新しいアクセサリー「ガナン帝国の勲章」が入手できるようになりました。

このガナン帝国の勲章は忠義の勲章の完全上位互換になっています。

本記事では筆者がぜひ作っておきたいと考えたガナン帝国の勲章の合成パターンを紹介をしてみたいと思います。

ぜひ作っておきたいガナン帝国の勲章

いろいろ考えた結果、筆者がぜひ作っておきたいガナン帝国の勲章は以下の2種類になりました。

  • 最大HP理論値(最大HP伝承)
  • 会心と暴走ダメージ理論値(会心率と呪文暴走率伝承)

選定理由は後ほど。

ガナン帝国の勲章の合成効果全パターン

まず、ガナン帝国の勲章のステータス基礎効果は以下。

  • ステータス:攻撃力+5、最大HP+10、きようさ+20、攻撃魔力+5
  • 基礎効果:会心率と呪文暴走率+1.0%、会心と暴走ダメージ+35(試合無効)

次に、ガナン帝国の勲章の合成効果は以下の2種類のみ。

  • 会心と暴走ダメージ+1、+3、+5
  • 最大HP+1、+2

最後に、忠義の勲章の伝承効果は以下の通り。

  • 会心率と呪文暴走率+0.2%、+0.5%
  • 最大HP+2、+3
  • きようさ+4、+5

以上のことから、ガナン帝国の勲章の各合成と伝承(全て理論値)によるステータスの全パターンは以下の通り。

ガナン帝国の勲章 各種理論値この結果から作っておきたいガナン帝国の勲章の合成パターンを選定してみました。

合成パターン選定理由

合成パターンの選定をするにあたり、魔法使いで使う場合と物理アタッカーで使う場合で考えてみました。

魔法使い用

合成について、会心と暴走ダメージは要らない。合成効果があるのとないのとでは最大15ダメージ違いますが、これは100回暴走させて1500ダメージしか変わらない。

暴走させることが当たり前の昨今、1500ダメージはメラゾーマ1発で取り戻せる程度。誤差程度と言ってもいいでしょう。

一方、最大HP理論値の場合、忠義の勲章の最大HP伝承も含めると合成無しと比べて最大HP9の差が出る。

HP9上がることで1度でも致死ダメージを避けられれば会心と暴走ダメージ合成以上の火力アップになるのは言うまでもないでしょう。死ぬ度に魔力かくせいで1ターン無駄にするので。

伝承効果については最大HPは既に説明した通りなので、残るは会心率と呪文暴走率ときようさになるが、LV110まで上げられる現状では特に気にしなくても超暴走魔法陣上で暴走が確定させられるので、どちらも不要。

ということで、魔法使い用で作るなら最大HP理論値+最大HP伝承の一択と考えました。

物理アタッカー用

最大HP理論値については既に魔法使い用で作ることは決まっているので、ここでは会心と暴走ダメージ理論値について考えてみる。

合成効果は決まっているので伝承効果を考えていきます。

最大HPは考えません。HPを盛りたいなら先ほどの魔法使い用の物で良いという考えです。

残るは会心率と呪文暴走率か、きようさか。

物理アタッカーの会心率ときようさの関係について、いろいろと調べてみましたが会心率を1%上げるのに必要なきようさは最低でも100以上になる模様。

伝承で付けられるのは会心率と呪文暴走率+0.5%なのできようさ換算すると50以上相当(単純計算です)

従って物理アタッカー用で作るのは、会心と暴走ダメージ理論値+会心率と呪文暴走率伝承と考えました。

まとめ

以上のことから、筆者がぜひ作っておきたいガナン帝国の勲章は以下の2種類になりました。

  • 魔法使い用:最大HP理論値(最大HP伝承)
  • 物理アタッカー用:会心と暴走ダメージ理論値(会心率と呪文暴走率伝承)

忠義の勲章の今後の扱いについて

会心率と呪文暴走率と最大HP、それぞれの理論値は上記の伝承に使ってしまってオッケーです。完全上位互換なので。

きようさ理論値は火力アップ目的では活躍の場はありませんが、盗み金策の盗賊など利用できる場面があるかもしれないのでキープしておくと良いと思ってます。

もちろんガナン帝国の勲章に伝承することで、忠義の勲章のきようさ理論値(+25)と同等になるのでそれでも良いですが、その作成が負担になるなら無理はしなくても良いと考えます。